JUGEMテーマ:映画

 

1997年劇場公開のちょっと前の映画ですが、時々、強い気持ちが欲しい!って感じる時に観る映画です。

女性のギャングスタがあり、アクションがあり、友情があり、恋愛がありの映画です。

 

幼なじみの女の子4人組の彼女達の生き方が、潔くてカッコいい。Struggle(苦しい生活)から抜け出るために彼女達が選択したのは銀行強盗。結末からするととても悲しい映画です。

 

この映画のメインのキャストはWill Smithの奥さんのJada Pinkettや、Queen Latifah, Vivica a. Fox, Kinberly Elise等、黒人俳優、女優、ラッパーなどの豪華メンバーがそろっています。

 

出典: http://www.imdb.com/title/tt0117603/

ユー・ガット・サーブド コレクターズ・エディション ストリート・ダンス パック (完全限定生産)
ユー・ガット・サーブド コレクターズ・エディション ストリート・ダンス パック (完全限定生産)

これはダンスバトルを観るつもりでみたら、とても良い映画だと思う。もう少しダンスバトルだけに焦点が置かれたものだったらもっと良いものになったのにと個人的には思う。ストーリー的にはアフロアメリカン系映画の。だけど、一つだけ良いシーンがあった。思うにこの映画だけではなくて、アフロアメリカン系の映画には、はっとさせられる言葉がでてくる。映画の中で主人公のダンスクルーの一人が裏切り、US$5,000の掛け金を持って挑戦してきたチームに寝返る。主人公チームのダンスのローテーションをごっそり盗まれ、結局その賭けに負け、大金を失う。その時に俯いているティーンネージャー達にダンスバトルのレフリーが、”keep your head up.”

ロミオ・マスト・ダイ 特別版
ロミオ・マスト・ダイ 特別版

この映画は私が好きな要素が入り混じっており、なかなか出会えない作品だとお気に入りマイベスト5に入る作品だ。個人的に待ちに待っていた黒人の要素とアジア人の要素が融合された映画である。

この映画で観られる要素は:
1.カンフー
2.文化や人種を超えた可愛らしい男女のかけひき
3.アフリカン・アメリカンのユーモアたっぷり
4.アフリカン・アメリカンのソウルフルな音楽やダンス

である。

話の大まかなあらすじは、黒人系ギャングと中国系ギャングの争いを食い止めようと、それぞれのギャングのボスの娘(故:アリーア)と息子(ジェット・リー)が抗争を食い止めようとするというものだ。


1.カンフー
カンフー自体を考えた時にジャッキー・チェン(カンフーと言えば私の世代だとジャッキー・チェンだった)のテクロノロジーに頼りすぎない泥臭いカンフーも好きだ。この映画は「マトリックス」の技術が使われており少し動きが超人すぎると感じる部分もあったが新鮮で新しいカンフー映画なのだろうと思う。ジェット・リーの動きが早すぎてカメラが追いつかず動きを遅くしてもらったというようなエピソードもDVDのスペシャル・フィーチャーの中にあった。とても洗練された美しい動きで、まさにマーシャル・アーツだと感じた。

2.文化や人種を超えた可愛らしい男女のかけひき
ジェット・リー演じる主人公ハンがとにかくクールだ。何度もでてくるハンとヒロイン役であるアリーアが演じるトゥリーシュの絡み合いが、本当に可愛らしくて素敵である。ギャング抗争が始まり父親の元で働く若い男衆がトゥリーシュを常時警護をするようになる。何度もどこからともなく現れるハンに向かって「あなたには到底かなわないような怖い人達がいるから早く逃げた方がいいわよ」というようなことを言うトゥリーシュの目の前で次々とカンフーを使い自分の何倍もある黒人の大男達をたいした怪我もさせずに倒していく。そんな時「どう?」っていうような得意げな顔をみせるハンにびっくりしながらも歓心してしまうトゥリーシュ。とっても可愛いやり取りなのである。またトゥリーシュとハンが黒人系クラブへと潜入するシーンもとても素敵である。クラブに入る直前にトゥリーシュが「ちょっと待って。Bボーイのテーストを加えなきゃ!」とハンの服装をちょこっと直す。そしてクラブ入り。照れるハンを連れてダンスフロアーへと行き二人でダンスを始める。その時、「ダンスフロアは僕のシーンじゃないから」と照れるハンのシャイな顔やトゥリーシュの可愛らしいダンスを観ているとこちらも踊りだしたくなってきてしまう。

3.アフリカン・アメリカンのユーモアたっぷり
アンソニー・アンダーソンという黒人俳優が本当に面白い。モーリスという役ででている。このモリースとハンの戦いが映画の最初からちょこちょことでてくるのだが、エスニックなジョークのやり取りにお腹を抱えて笑ってしまう。この二人の戦いは名づけて;
ディムシンVSミートボール(またの名をモラン(=あほ))
これは話を聞かずに観た方が良いのでこれ以上書くのは止めにしておきます。楽しんでください。

もう一つ私の大好きなモリースのシーンはCD屋さんでの出来事。これも観て楽しんでください。その方が受けます。

4.アフリカン・アメリカンのソウルフルな音楽やダンス
これはタイトル通りで音楽やダンスを映画の中で楽しめます。

最後に:
本当に残念なのはトゥリーシュ役を演じるアリーアが若くして飛行機事故で亡くなり今は亡き人であること。こんなに才能のある人が早くに亡くなってしまったのは本当に残念です。彼女の演じるクールな女の子をもっといろいろな映画で観たかったし彼女の独特な音楽ももっともっと聴きたかった。心からご冥福をお祈りします。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 今日、食べた美味しかったもの
    るぴ
  • 今日、食べた美味しかったもの
    あんず

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM