JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:映画

 

また自分の中で、再ブームが起きている作品「デスノート」。

 

変化がない日常生活の中で、こういう自分だけのブームだったり、楽しみがふっとできた時って、一気に生活の充実感が増すというか。毎日が楽しくなる。

 

出典:amazon.co.jp

 

デスノートのことを知ったのは、藤原竜也の映画版。その後、アニメ版も観て、何年も経って忘れかけていたんだけど、何がきっかけなのか、またひょんなことで邦画版の方をみたら、なんか自分の中で再ブレークしてしまった。
 

そういえば、ドラマ版ってあるのかな、、、と探したら出てきた、出てきた ^^b いえぇ〜い!ということでドラマ版も観てみた。実写ドラマ版は実は、今回初めて。

 

映画の方もドラマの方も死神のCGがまだ今でも浮いてみえないというか、昔の特撮ものをみると当時は違和感なく見えていた気(?)がしていたもの今みると、なんだこれ?って感じるものもあるので、今回も違和感なくみれたのが良かった。ドラマはまだ比較的新し目だけど。。。映画もドラマもリュウクなどの死神は一緒なんだな〜って。

 

映画、ドラマの両方をみて今回もやっぱり好きだと思ったのは、光(ライト)がデスノートを放棄した後、ようやくデスノートに触って全ての記憶が蘇った時の瞬間の光の悪魔のドヤ顔。もう一つは、光も海砂(みさ)もデスノートの記憶を忘れて、Lと一緒にキラを見つけよう!って仲良くしてたところかな。ダークな感じの作品の中に突然現われたオアシス・タイムって感じで。あの時の光のが好きだなぁ。Lと光には友達になって欲しかった。

 

 

 

映画版をスピンオフ版も含めて3つとドラマ版を時間があった時に全部一気に観た。結構な時間だったけど、全然疲れなかった。ハリウッド版は出てすぐに一回前に観たことがあったんだけどハリウッド版の方は今回はまあいいか。

 

今アニメ版をNetflixでみてて、昔観たときはちゃんと観てなかったのか、ただ忘れているだけなのか。

 

今回、アニメ版の方は話のディテイルが映画版とドラマと少し違ってると気がつき(ドラマ版では、ネロはニアの裏人格で、ネロそっくりの恐ろしい顔した人形を腹話術しのように操る人間のニアになってたし。。。拡張バージョンというか)、またこれも少し違う感じの作品としても観られるってことね。あと6話くらいしか残っていない。どんどん観たいんだけど終わっちゃったら、デスノート・ロスになりそーだ。今頃、デスノート・ロス

 

ドラマ、映画と話が省略されてたり、うまくまとめられちゃったりするのと同じで、漫画の原作からアニメ動画になる時も少しディテイルが省略されることもあるので、これが終わったらいざ、原作漫画へ。

 

「デスノート」

 

全部のバージョンを観たいって思わせるから、やっぱりすごいな。。。原作漫画を読むのが楽しみ〜。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 今日、食べた美味しかったもの
    るぴ
  • 今日、食べた美味しかったもの
    あんず

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM